デキ婚→DV離婚→再婚→離婚予定(←今ココ)

デキ婚で仕方なく結婚した旦那からDVを受けて、やっとの思いで離婚しました。その後、元夫からの執拗な接触に耐えながら、別の男性と今後こそ幸せな結婚(再婚)!だと思ってたんだけどな・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

家族で一番嫌われっ子だった私の生い立ち

SPONSORED LINK



いつもマキのブログを読んでくださってる方、ついでにポチっと
してくださってる方ありがとうございます。

内容が内容だけに、書いてるとどんどんテンション下がってきたりも
するんですが、読んでくださってる方がいると思うとすごく
励みになります

今回はちょっと脱線するのですが、私自身の生い立ちを書こうと
思います。

興味ないかもしれませんが、読んでもらえると嬉しいです



私がものごごろついたとき、
家族は父と母と2コ上の兄と私の4人家族だった。

すでに父は継父で、私は10歳になるまでその人が
本当の父親だと思っていた。


そして4歳になる少し前に弟が生まれた。


母は私と兄を叱る時に、思いっきり頬をひっぱたいた。

それで終わる時もあったけど、たいていは『ムチ』と
呼んでいた細い棒で叩いた。


ムチで叩かれるのは本当に痛かった。

母がムチを持った手を振り上げて、私や兄に向って
振り下ろすと、「ヒュッ」と空を切る音がして次の瞬間には
腕や足に激痛が走るのだ。

そして翌日に、そこはみみず腫れとなり、じんじんと痛み続けるのだ。


いつだったか、まだ私が字も書けないくらいの時に
兄と家出計画をしたことがあった。

二人とも母に叩かれることから逃げ出したかったのだ。

兄が「○○伯母さんのところへ行きます」と置手紙を書きいた
時には、私は嬉しくてワクワクしたが、兄は手紙を書き終わると、
それをクシャっと丸めてゴミ箱に捨ててしまった。

SPONSORED LINK



家出するのが怖くなったんだろうが、私はそれが残念でならなかった。


もちろん母も、私たちが何もしていないのに叩いていたわけではない。

帰りが遅い。

おねしょをした。

言うことを聞かない。
たぶん他いろいろな私たちが悪いことをするから
叩いていたのだ。


私が幼稚園で集団生活をするようになった時。

友達が私の手足にできたみみず腫れを見て驚いた。

「それ何?!」「どうしたの?!」

私は親が子供をしかる時、手で叩いたりムチで叩いたり
するのは当たり前で、どこの家庭も同じだと思っていたのだ。

それなのにこの子はみみず腫れを知らない。

ムチで叩かれた後には必ずできるのに、みみず腫れを
知らないなんて、この子はきっと叱られたことがないんだろう。


「えっ、ちょっと爪でひっかけたらこうなった」
嘘の言い訳をしながら、私は恥ずかしくてたまらなかった。


この子はいい子だから叱られることなんてないんだろう。

みみず腫れがいっぱいある私は、どんなに悪い子なんだろう。


それからほとんどの子の腕をそっと見てみたけど、みみず腫れの
ある子なんて一人もいなかった。


私は悪い子。

家族の中で一番叩かれている。

家族の中で一番嫌われている。

それを知ったら友達からも嫌われてしまう。


私は劣等感でいっぱいだった

SPONSORED LINK

スポンサーサイト
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

喧嘩の翌朝、元旦那が仕事をサボってパチンコをしているので注意すると・・・

SPONSORED LINK



喧嘩の末に外で一夜を明かすことになった私が
家に帰って10分もしないうちに、旦那は凄い勢いで
車を走らせて出て行った。


あの雰囲気からして仕事に行っていないことはわかった。


うまくいってないと思われたくなかったので、私は気にしない
ように装って、10時くらいまでは家にいた。


旦那の行動パターンはなんとなく読めていた。

きっと仕事をサボってパチンコに行っている。

だから店が開店する時刻までは、ジタバタしても仕方がないことも
わかっていた。


10時過ぎに母に車を借りて家を出る。

思いつく限りのパチンコ店へと車を走らせた。


そしてとうとう旦那の車を見つけた。


店に入って旦那を探す。

見つけて、パシッと軽く頭を叩いて「仕事は?」と聞いた。

旦那は不機嫌な顔で、私に店の外に出るように促した。


私は車まで戻り、旦那もすぐにやってきた。

そして開口一番
「今の態度は一体どういうつもりなんか?!」
キレている。


私が頭を叩いたことにキレているのだ。

「隣に人がいるのに、あんなこと普通はしないだろ?!
『ざまぁみろ』って思われてるんだぞ!」
と怒鳴っていた。

SPONSORED LINK



「はぁ?どこの誰とも知らない人が、隣の人が彼女らしき女に
ちょっと頭を叩かれてるの見たって、『なにかあったんだな』とは
思っても、『ざまぁみろ』とは普通ならないでしょ?」
と呆れて思ったが、そういう風には言わずに
「そんな風には誰も考えんって」となだめた。


旦那は不機嫌なままだったが、私は言いたいことを言った。


「何で仕事に行かへんの?」

すると旦那は「お前が一晩中外をうろついてるのが悪いんだろ!」と
私のせいにしてきた。


「鍵閉めて締め出したのはそっちやろ?」

「だったら上(母屋)で寝たらよかっただけじゃないの?」

「喧嘩の度に私は上で寝なあかんの?
私たちうまくいってませんって言ってるのと同じやん」

「でも上で寝てたらこんなことにはならなかった!」

「その話と仕事に行かないのは関係ないやん!」

感情的に怒りをぶつけてくる旦那に対して、道理的に答えるのが
私だった。

だから旦那はさらに腹が立つのだろうが、私は旦那の間違いに対して
私が謝って喧嘩を終わらすこともできなかった。


喧嘩の末に言われる言葉

「いくら払えばいいの?」

「何?」

「いくら(慰謝料)払えば、俺から離れてくれる?」

もう、中絶手術もできない時期に入ると、旦那はこう言って
私にとどめをさすのだった。


そして最終的に私が折れて、また家で一人旦那の帰りを待つ
事になるのだ。

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

妊娠中に元旦那との喧嘩で外に締め出された私。もし子供に何かあったら・・・

SPONSORED LINK



喧嘩の末、外に締め出されてしまった私。

着ていた服のポケットに携帯と財布が入っていたのはすごくラッキーだった。


実家周辺は田んぼばかりで何もない。

外灯すらない。

実家の敷地から出る時に、携帯で時刻を見た。

11時30分を少し回ったとこだった。


季節は10月下旬。
昼間はまだまだ暑いが、夜になると
急に冷え込むこの時期。

外に出ることになるとは思ってなかった私の服装は
半袖にお馴染みジャージズボン。

寒かった。


ただやみくもに歩いてても仕方ないので、コンビニに向かって
歩くことにした。

コンビニまでは車で5分ほど。


車で5分という距離。

都会に住んでいる人にはめちゃくちゃ短い距離だろうけど、
このど田舎で、交通量も少なく(というか、全然車もいない)、
信号もない田舎道での5分って、けっこうな距離を走ることができる。

その距離を、夜中に妊婦が一人で歩いているなんて…。


途中疲れたら止まって、何もないアスファルトにお尻をつけて
座り込んだ。
疲れていてこのままここで眠ってしまおうかとも
思ったが、少し休んだらまたコンビニに向けて歩き出した。


コンビニについた。
コンビニの時計を見る。
12時40分。

外にいるより断然暖かくて、できるだけそこに長くいたかったけど、
やっぱり夜中に妊婦が一人なんておかしく思われそうで
普通に買い物して出ることにした。


財布があったのは本当にラッキーなことだったけど、お金を使うことを
ためらう私は、暖かいミルクティを一本買うことしかできなかった。

SPONSORED LINK



また寒い外に出る。

ミルクティの缶で手を温め、腕を温め、お腹を温めて
お腹の子供に話しかけた。

「これで少しは暖かくなったね。
今日は寒くてごめんね」

ミルクティを飲んでも暖かくなるのは喉までで、
缶を握っている方が暖かかったから、ほとんど飲まずに
ただ缶をぎゅっと握っていた。


ミルクティはすぐに冷めてしまい、私は中身をこぼして缶を捨て、
またあてもなくゆっくり歩いた。

このコンビニまで来れば、少しは店も(閉まってるけど)あり、
外灯もあったので怖くはなかった。


寂しくもなかった。
旦那が探しに来てくれないのは寂しいこと
だったが、お腹の子供に話しかけることで、私は一人じゃ
ないと思えた。


近くにあるレンタルビデオショップの駐車場に行き、その隅で
また座り込んだ。
疲れていて、座ってできるだけ体を丸めて
目を閉じた。

旦那が探しに来てくれても、ここにいたら見つけてもらえないな。

なんて無駄な事を考えていた。


店は深夜2時で閉店する。

眠りたかったのに、寒さで眠ることもできずにその時間を迎えた。

店の電気も全て消えて、辺りは真っ暗になった。


また移動することにした。

いい場所を思いついた。
駅に行こう。


クモの巣がいっぱい張った、古くて汚い寂しい駅。

でも少なくとも、電気が付いていて真っ暗ではなかった。

ベンチに座って体を丸めて再び目を閉じる。

眠りたかった。

眠かったわけではなく、ただ寒さと時間を忘れたかった。


少し眠ったのだろうか?
始発の時間が近付いてきた。
人が一人か二人、駅に入って行った。


もうココにはいられないし、そろそろ帰ろう

ゆっくり家へと歩き出す。

旦那は心配しているかな?
私は母屋で寝てるって思ったかな?
なんてぼんやり考えながら田んぼ道を歩く。


家の近くに来た時に携帯を見てみた。

6時50分だった。

この時間なら母屋に行ってもおかしくない時間だったので、
旦那のいる離れには行かずに、そのまま母屋の方へ入った。


「ゆうべ部屋に戻らなかったの?」母に聞かれた。

「朝早く散歩に出てただけ」と返事したが、母がそれで納得したとは
思えなかった。

その時、旦那の車が凄い勢いで家から出て行った。


仕事に行ったとは思えなかった。

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

学歴コンプレックスの元旦那。元旦那の被害妄想で大喧嘩

SPONSORED LINK



私と旦那は、市営住宅を見つけてそこに引っ越すまで、
母の実家(旦那の実家でもある)の離れにいた。


離れと言っても、住居として機能しているのは一部屋だけで、
電気は通っていたが水道なんかはなく、ただ寝るためだけの場所だった。


10月の下旬。
やっと婚姻届を書くことにした。

夜に旦那と二人で、書類の空欄を埋めていく。

今もそうだけど、こういうお役所の書類って、
何て書いてあるのか、どういう意味なのかがわかりづらい文章が
多くて、私はどうも苦手である。

当時の私はもっと理解しづらかっただろうし、それは旦那も同じだと思う。


私の両親も旦那の両親も離婚していて、両親の名前を書く欄を
記入する時になって、旦那が「いない人の名前は書かなくていいんじゃないか」
と言いだした。

ん?そうなのか?
一瞬考えてみたけど、「やっぱ必要なんじゃない?」と言ってみるが
旦那は「俺はあの女を母親とは思ってないから、俺には母親なんて
いない」と言い切った。

母親と認めるかどうかは別として、やっぱこういうのには必要でしょ。

ってことで、もらった記入例をよ~く読んでみたら
やっぱり必要だと書いてあった。


「ほら、ここに書いてあるやん(記入例を見せる)」
「誰と誰の子供なのか明らかにするために書くんやろうから、
離婚とか関係ないやろ」

私のこの言葉に旦那がキレた。

私は普通に説明したつもりだった。
別に旦那をなじった訳でもないし、
そういう気持ちも一切なかった。

が、旦那は

「高校卒業してるからって、俺のこと見下すなよ!」
と暴れた。


「私が何したって言うの? 別にそんな風なこと言ってないやろ!」
と私も反論。

SPONSORED LINK



「いいや、今のは俺のことをバカにしてた。完全に俺が中卒なのを見下した言い方やった!」

呆れた。
大学出を鼻にかける人奴みたいな表現は聞いたことあるが、
高校卒業を鼻にかける奴ってどれだけ次元が低いんだか…。


「勝手にそっちが中卒なのを負い目に感じてるだけやろ?!
高校卒業しただけの人に、そんなに引け目を感じるんやったら
大工にならずに高校行けばよかっただけやん!」

この言葉に旦那は逆上し、私を部屋から(つまり離れから)追い出した。


たまたま庭に母がいて、「外まで聞こえてたよ」と言った。

いつも喧嘩している私たちだったので、喧嘩の声が聞こえても
たぶん母はそんなに気にしていなかったと思う。

そして私もまた、心配掛けたくないし、うまくいってないとも思われ
たくなかったので、
「いつものこと。いつものこと♪」と、
喧嘩を気にしていないそぶりをする。


そのまま母と10分くらいおしゃべりをして、寒くなったので部屋に
戻ることになった。

母は母屋へ、私は旦那のいる離れへと帰る。


離れのドアを開けようとしたら、しっかり鍵がかけられてあった。

部屋の電気も消えている。


私は人に心配かけたくなかったし、うまくいってないとも
思われたくなかった。


そのまま私は、真っ暗な田んぼ道の中へ消えていくことにした。

旦那が探しに来てくれることを期待しながら。

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

仕事をサボる。自分だけ好きなものを買う。貯金はなし。

SPONSORED LINK



旦那が仕事をサボってくれるおかげで、なかなか貯金が貯まらない私たち。

日々お腹の中で育っていく子供と、大きく膨らんでいく私のお腹。


私はいつもジャージ姿だった。

その頃ジャージがちょっとオシャレだったこともあったが、一番の理由は
大きくなってきたお腹に合う服を持っていなかったからだ。

まだ大丈旦那、きつくない。
と、とにかくお金を使うのを我慢していた。


そしてある日、見かねた母がワンピースを一着買ってくれた。

1500円くらいの安いものを選んだのだけど、それでもすごく
ありがたかった。

母はきっと、本当は私が我慢していたのを知っていたんだと思う。



旦那は仕事をサボる癖がマシになっただけで、月に何度かは
仕事をサボる。
そのくせ、給料日直後なんかには「パチンコに
行っていい?」と大事なお金を使ってくれる(怒
タバコも吸う。
酒も飲む。
車にもお金をかけたがる。


収入0の私の立場って、何でこんなに弱いんだろう…。

貯金は全然貯まらない。

まだ引っ越しもしていない。

ベビー用品も買っていない。

出産費用でさえ持っていない。


旦那はタバコを買う。

私は下着一枚買えない。

旦那は焼酎を買う。

私はマタニティドレスさえ買えない。

旦那は仕事に行くふりをして遊びに行く。

私には友達すらいない。
いつも孤独。

SPONSORED LINK



私が我慢した分だけ旦那はお金を使ってくれる。

いや、それ以上に使ってくれる。

それでもまた、旦那は何かを欲しがる。


ダメ、と私が言っても、旦那はしぶとく食い下がる人だった。

私が面倒になって「いいよ」と言うまで、何度も何度もねだる人。

それでもダメと言い続けると「俺が汗水流して働いてるのに、
俺には何一ついいことない!」と文句を言うのだ。


ある日、喧嘩した時だったか、とうとう私も本当にキレた。

大きな声で罵声を浴びせるように言ってやった。


「俺ばっかり、俺ばっかりって言うけど、私が何を
欲しがったっていうの?私が我慢してないとでも思ってるの?」

「私は我慢してる。
あんた以上に我慢してる。

お腹がきつくてもずっとジャージはいて、お腹が楽な服を
買うのも我慢してる」
「そんな私を気遣ってくれたのはお母さんだけやん!
だからあの服(ワンピース)があるんやろ!」


この翌日、旦那が私に超だぶだぶなワンピースを買ってきた。

昨日の私の言葉で、少しは目が覚めたのだろう。


母が買ってくれたワンピースが茶色。

旦那の買ってきたの真っ黒。

以後私は出産するまで、この茶色と黒をずっと着まわしていた(汗

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。