旦那からのDV。妊娠してなかったら殺されてたのかな?

SPONSORED LINK



私が覚えているもっとも古い旦那からのDVは、私が妊娠しているときだった。

覚えていると言っても、たった一場面。


喧嘩して倒れている私に対し、旦那の言ったセリフ。

「本当はお前のこと蹴ってやりたいけど、お腹に子供がいるからできないだけ」
それを聞いて私が思ったことが、
「妊娠していなかったら、私は今頃この前のように殴られていたんだろう…」。


“この前のように”と思っているってことは、私が忘れてしまっているだけで、
これ以前にも私は暴力を受けていたってことだよね。

しかも、私が倒れている状態ってことは、「蹴られなかった」というだけで、
少なくとも倒れるようなこと(例えば突き倒されたり)はされていたってことだよね。



この記事書いてて思ったんだけど、
「妊娠しているから蹴らない」と、
この時の旦那はまだ理性で自分を抑えることができていたよう。

そのうちキレた旦那には「理性」なんてものはなくなっていくんだけど、
理性がないから歯止めが利かないんであって、理性で抑えることができるのに、
「このくらいなら殴ってもいい」って解っていながら殴るのはもっと悪意があるように
思えるのは気のせいでしょうか(汗 それとも、親が子供を「躾ける」為の“愛の鞭”
とでも思っているのでしょうか?

例え“愛の鞭”だったとしても、幼い時に母親に厳しい折檻を受けていた私は、
大人になってまでまた叩かれたりするようになるなんて思ってもいなかった。

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

0 Comments

Leave a comment